PLAYTECHソフトケース。

すっかりご無沙汰してしまいまして、とりあえず更新を!と焦っておりましたが、最近手に入れました我等がプレテクのギターケースが中々いい印象でしたのでレビューをしてみます。

スタジオへ行こう、と思い立ったはいいものの極度の出不精な私はなんとギターケースを7弦(超変形)用しか持っていなかったので、ストラトとかも持ってけるようなケースの購入を決意したのでした。


早速コチラがそのケース

PLAYTECH EG-Bag Red

赤いですね~、決め手はこのカラー。

似たような真っ黒ケースが並ぶ中この赤さ、きっと目立ちます。きっと便利。

思ったより軽い印象です。

 

詳細を見ていきますっ


まずはポケット。ボディ側には2つのポッケに2ずつファスナーがついてて計4つの収納スペース。たくさん入ります


ヘッド側も2ファスナーなポッケが1つ付いております、ピンと来て試した所BOSS GT-001がピッタリ収まりました。


開いたの図。ボディ下部までファスナーがあり、パッカリ開く仕様です。


実はそのパッカリ仕様が、背負った際ファスナーが逝ってしまったら一貫の終り、、と気がかりだったのですが、このようにエンドピンで突き抜けないようにクッション的なものが付いておりました。

これは安心できるかも。


ブリッジ付近とヘッドの内側は丈夫な素材になってます。ヘッド側でピョコッと出た弦によりケース内部が無残な事に、、という事もなさそうですね。


コチラは裏側。カードが仕舞えたり


背負う用の紐を使わない時には留めておけたり、なかなかの至れり尽くせり感です。


さっそくギターを収めてみます。

 

使うのはお馴染みプレテクギター。因みにこのギターは、手頃なストラトを物色していた所、不人気だったのかこの色だけ五千円くらい安くなっていたので、正直、確かにこりゃ一番ねぇや。。と思いつつもポチったものです笑


エンドピン部のクッションもバッチリ。


入りましたっ。

結構パツパツというかピッタリしてます。全体のクッションもがっしりしていて安心して運べそうです。



メインのクッション性とか運びやすさはもちろん、細かい機能的にもよくできたケースという印象です。なかなかいい買い物した気分です。

カラーも色々ですので、黒ばっかつまらん。。という方もぜひ御参考に!


ではっ。